オプジーボその2-免疫の語源は免税?!ー

モノクローナル抗体であるオプジーボ。抗体医薬が有効であることが脚光を浴びています。その基礎となる「免疫」。そもそも「免疫」という言葉を最初に使ったヒトはだれなのでしょう?歴史を調べてみました。

「免疫」という言葉を使わなくても一回かかった病気にはかかりにくいことは昔から経験的に知っていました。

紀元前5世紀、ペロポンネソス戦記を書いたトゥキディデスは、ペストに一度かかった者は二度とかからなかったことを「二度なし」という言葉で記述しました。

中世1340年代、慈善活動を行うキリスト教騎士団がペストの犠牲になった際、奇跡的に助かった騎士たちはそれ以後ペスト患者と接触してもこの病に倒れませんでした。これは神のご加護と信じられ、ローマ法王はこの騎士たちを免税しました。この特権は、課税(munitas)を逃れる(im-)からimmunitasと言われ、これが今日のimmunity(免疫)という言葉の語源になりました。(古くて新しい免疫学、菅野雅元からの要約)

その後、ジェンナーは牛の乳しぼりをしている女性が天然痘にかかりにくいことを発見しました。そこで、その女性の腕にできた水疱からとった膿をほかのヒトに接種したところ、接種を受けた人も天然痘にかかっても軽症ですむことを発見しました。このことから天然痘予防として牛痘を接種することを考えました。のちに牛痘ウイルスの表面上の抗原決定基と天然痘ウイルスの抗原決定基の一部が一致していることがわかります。牛痘と天然痘は違う病気ですが共通する抗体ができることが証明されたのです。下の写真は、8才の少年に牛痘の接種をして天然痘予防の有効性を証明するジェンナー。

その後、利根川進は、抗体を作り出す遺伝子が、組みかえられて使い回しされていることを発見し、抗体の多様性のしくみを解明しました。そしてこの抗体を抗原抗体反応ではなく、ツール(分子標的)として使う抗体医薬が生まれたのです。

掲載画像「天然痘ゼロへの道」-ジェンナーより未来のワクチンへー 内藤記念くすり博物館編 エーザイ株式会社発行

 

細菌とウイルスの違い

前回のインフルエンザのブログで、細菌とウイルスの違いが分かりにくかったかもしれないのでまとめてみた。
ウイルスとは、他の生物の細胞を利用して、自己を複製させることのできる微小な構造体。昔から、無生物と生物の中間にある存在と言われてきた。下のように手のような突起が出ている。つんつんしているのは、細胞にとりつくため。自分自身を細胞に取り込ませて細胞の機能を使って増殖する。

これに対し、細菌は自分で増殖できる。

細菌とウイルスは増殖形態の点で異なる。増殖形態が異なるのだから、治療薬剤も異なってくる。

抗生物質は、直接にはウイルスには効かない。抗生物質が効くのは結核菌、破傷風菌のような「細菌」である。だから、インフルエンザウイルス、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスには抗生物質は効かない。

抗生物質が直接効かないウイルスに抗するためには、ワクチンを使う。ワクチンとは、細菌やウイルスを弱毒化(弱毒化ワクチン)または殺したもの(不活化ワクチン)をいう。ワクチンを病気が罹患する前に投与し、免疫の力を借りてウイルスを撃退するのだ。