コレステロールは体に必要なんです その2

細胞は下の図ような膜に覆われている。しかし、これだけでは細胞の内と外で物質のやり取りができない。そこで、細胞の中にいろいろなものが取り込まれるように「秘密の扉」(NHKスペシャルでこう表現されていた)が埋め込まれている。例えば、ナトリウムやカリウムの出入りもこの秘密の扉の開け閉めが決めてとなる。前回、コレステロールは膜の構成成分になると記載したが、コレステロールはこの膜の硬さを決めるのに重要な役割を果たす。しかし好事魔多し。血中にコレステロールが多く存在すると大変なことが起きる。油(コレステロール)がたまる⇒血管が固くなる(動脈硬化)⇒プラークができる⇒プラークが破れて血管の中で血が固まる⇒血管が詰まる(脳梗塞、心筋梗塞)

細胞膜に埋め込まれた秘密の扉

細胞の分子生物学第2版、P.279、KYOIKUSYAからの引用


コレステロールは体にとって必要なんです

何かと目の敵にされているコレステロール。
コレステロールは本当に悪者?
細胞は下の図のようなものでおおわれている。【頭(水に溶ける部分)と足(水に溶けない部分)のある物体(リン脂質分子)】コレステロールはここにはまり込む。

コレステロールは自由に動く足を固定する。要は安定させるのである。頭と足のある物体1個に対してコレステロール1個存在するので、細胞膜にはたくさんのコレステロールが存在する。

左の図はコレステロール。右の図は2個の頭と足の物体に入り込むコレステロール

コレステロールはタンパク質と結合したLDL(悪玉コレステロール)の形をとって血管内を運ばれている。細胞がコレステロールを欲しがると
1. LDLの鍵穴が細胞膜上にできる。
2. コレステロールを含むLDLがカギとしてくっつく。
3. コレステロールだけが細胞膜の中に取り込まれる。
4. 一定の量取り込まれたら、LDLの鍵穴は消失する。

LDLの鍵穴に欠損があると(ヒトの場合、500人に1人の割合)、コレステロールが膜の中に入り込めないため、血中のコレステロールが上昇して動脈がおかゆのようになり(若年性粥状動脈硬化症)、冠動脈疾患で若年期に死亡する例が多い。

コレステロールが必要以上に血中にあると上記のように動脈硬化になり、プラークという普通では存在しないものができてくる。 コレステロールは多すぎるのは困るがゼロになると体が維持できない。ほどほどが良いのである。

細胞の分子生物学第2版、P.279、KYOIKUSYAからの引用