オプジーボ(ニボルマブ)のはなしー実験室から臨床へー

オプジーボ発見者の本庶先生がノーベル賞を受賞された。初めから抗がん剤をねらっていたわけではなく、実験で偶然みつけたものをいかに患者様に役立てられるかという発想で、製薬会社を説得してオプジーボが生まれたそうだ。

本庶先生が実験室からみつけたもの

PD-1(programmed death 1)は、1992年本庶らが胸腺における細胞死の際に誘導される遺伝子を調べていた時に偶然発見された受容体である。その後、PD-1を発現していないマウス(PD-1欠損マウス)が、過剰な免疫反応で自分が傷つく自己免疫疾患(SLE1)様の腎炎・関節炎など)を起こしたことから、PD-1は過度な攻撃が起きないように免疫を調節する(抑制する)しくみの一つであることを発見した(要は何でもかんでも攻撃しないように免疫を抑える)。

本庶先生の発想の転換

がんは免疫機能が低下してがん細胞が増える疾患である。本庶らは、このように免疫が低下したなか、PD-1の活性をブロックすれば、免疫細胞が再びがんを攻撃できるようになるのではないかと考えた。そしてがんの治療に用いることができるのではないかと発想を転換した。PD-1をブロックすれば、はびこっているがんをたたくことができると製薬会社を説得して治験が開始された。このブロック剤がオプジーボ(ニボルマブ)である。

副作用について

オプジーボは、過剰な免疫反応を起こす薬でもあるので、自己免疫疾患様の副作用が出るとの報告がある。

薬学は、生薬からの薬効成分の構造式を決めることが出発点だったため、つい有機化学にこだわってしまうが、このように免疫のメカニズムから薬が発見されることがあるとは驚きであった。

1)SLE (Systemic Lupus Erythematosus 全身性エリテマトーデス)。前記事:患者様ブログ参照

オプジーボの作用機序はこちら