ロナセンの貼り薬が出ました。

抗精神病剤ロナセンテープの説明会に参加しました。既存のロナセン(ブロナンセリン)は錠剤で、ドパミンD2受容体サブファミリー及びセロトニン5-HT2A受容体の完全拮抗薬として作用を発揮します。今回、世界初めての統合失調症適応の貼付剤として上市されます。
実際のロナセンテープは ↓ のようになっています。

ロナセンテープは、湿布のような局所作用型ではなく、皮膚から吸収された後、血流にのって循環する全身作用型貼付剤です。利点は小腸ー肝での初回通過効果を受けないため、生物学的利用能が高いこと、嚥下困難な患者に投与できること、欠点は、光過敏性があること等です。以下の2点使用上の注意がありました。

①光過敏性があるので、貼っている場所とはがした場所(はかした後1,2週間)に光をあてないこと。

②1日貼っても 5%しか吸収されず、薬剤成分の 95%はテープに残っている(例えばロナセンテープ40mg は 2mg しか吸収されず38mgはテープに残る)ので折りたたんで廃棄をするように伝達すること。

以下、大日本住友製薬(株)様にご回答をいただきました。

質問1:ずいぶんテープが大きい(40mg テープは90 [mm]X 85.6 [mm])が違和感はないのか?

回答:違和感はあると思う。

質問2:教科書に認知症の易興奮性にドパミンD2受容体がかかわっているという記載があった。適応外で認知症に使用することは可能か?

回答:適応は統合失調症のみであり、ほかの疾患に使用することはできない。

質問3:切って使うことは可能か?

回答:そのような治験を実施していない。切って使用することはできない。

質問4:ロナセン錠の添付文書の併用注意の項にはグレープフルーツジュースがあるが、ロナセンテープにはない。なぜか?

回答:ロナセン錠は小腸と肝臓において薬物代謝酵素CYP3A4で代謝される。ロナセンテープは肝臓のみでCYP3A4に代謝される。グレープフルーツジュースは小腸のCYP3A4を阻害する。ロナセンテープは小腸を通過しないため、グレープフルーツジュースによる小腸におけるCYP3A4阻害の影響は受けない。

貼付剤の吸収は貼り付けられた体表面積に比例すると思われるので、しわにならないようきちんと貼り付けるよう、在宅では確認し、投薬時は注意喚起していきたいと思います。さらに、本剤は肝臓においてCYP3A4で代謝されるため、CYP3A4阻害作用(クラリスロマイシン等)や誘導作用(フェニトイン等)を持つ薬物の併用にも注意は必要と思いました。

【補足】なぜ、医療関係者が質問2や質問3のような発想をするかといえば、意図的に薬効を抑えたい・血中薬剤濃度を低く保ちたい、という場合があるからです。具体的にいえば、高齢者や妊婦に対して使う場合です。高齢者は、薬剤の代謝が若い頃に比べればどうしても落ちてくるので、強い薬を投与するとしばしば「効きすぎ」てしまいます。妊婦さんであれば(特に器官形成期の)薬剤による催奇形性が問題になってきます。このような場合、薬剤が効果を発揮する下限ぎりぎりを攻めなければならないわけです。

ロナセンテープは貼付剤ですから、薬剤の血中への移行の主なメカニズムとして濃度勾配による単純拡散のようなものを仮定すれば、それは「貼付剤と皮膚間の接触面積」や「テープ内の薬効成分濃度」に依存すると思われます。だから、あえて切って使ったり(=接触面積を少なくする)、貼り替えの頻度を落として使えばどうなる?(=濃度勾配を小さくする)と考えるわけです。

 

猪股弘明 フェイザー合同会社

医師(精神科) 理学士(物理)

 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ