患者さまブログ

何回かステロイドの副作用に関して書いたが、「感染症にかかりやすくなるのはその作用(免疫抑制作用)からいって納得がいくが、ムーンフェイスや中心性肥満、果ては精神疾患にかかりやすくなるのはピンとこない」という感想をいただいた。

確かに…。

今ではステロイドの副作用の危険性は医療関係者にとって当たり前のことになっていきているので、漫然とした高容量長期投与はされなくなってきている。これはこれで喜ばしいことなのだが。

このような場合、(ステロイドに限らず)体験者の話は参考になる。最近、覗いたブログなどで感銘を受けた記事などをいくつか紹介したい。

歯科開業夫婦のひとりごと』‥女性歯科医さんのブログ。SLE (Systemic Lupus Erythematosus 全身性エリテマトーデス)を発症しているため、ステロイドの投与を受けている。歯科医さんだけあって自身のご病気に関してよく理解されている。さらに、ムーンフェイスを「アンパンマン」、牛骨肩を「ピッコロのような肩」、「リリカ」を「萌え系アニメの主人公のような感じの名前」と表現されるなどユーモアもある。

Kiyo’s blog 2011』‥SLE 患者を家族にもった男性のブログ。専門家目線では「腎障害は、ステロイドの副作用ではなく SLE の症状ではないか」と思うこともありますが、正直、泣けます。

SLE は比較的若い女性が罹患しやすい疾患だけあって、関わった人に強い印象を残します。

ところで私は SLE のことを「ループス」というときがありますが、私だけですかね?

 

 

“患者さまブログ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です