薬局製剤とは

薬局製剤とは、医師の処方せんなしで調剤できる薬のことです。厚生労働省の指針(レシピ)にしたがってつくります。現在、480品目が収載されています。半分以上は漢方です。勝手に香料、着色料などを加えたり、成分を抜いたりすることは許されません。

昨今、複雑な作用機序をもつ薬ががたくさんありますが、私たちは昔ながらのシンプルな材料、効き目に注目しました。例えば、かゆみならジフェンヒドラミン、ニキビならイオウなど。

普通の薬局やドラッグストアでは販売していない薬です。先祖代々日本人が使ってきたシンプルな効き目をどうぞお試しください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です