母のカリウム値が高く、娘の薬剤師がびっくりした話-GI療法ー

(母)GI療法(グルコースインスリン療法)の説明もされたよ。なぜカリウムが高いとインスリンを打つの?

(私)・・・・・。調べます。

インスリンにはカリウムイオン取り込み促進作用がある。インスリンを投与することによって血中のカリウムが細胞内に移動し、高カリウム血症の治療ができる。なお、当然ながらインスリンで血糖値も下がってしまうのでグルコースを補充しなければならない。つまりグルコースとインスリンを両方同時に投与する必要があるのでそれぞれの頭文字をとって GI 療法と呼ばれている。GI 療法とは、インスリンを用いてカリウムとグルコースを共に細胞内に取り込む緊急療法である(参考サイトはこちら)。

(母)つまり、GI療法とは、インスリンがメインで、グルコースは低血糖予防ということ?

(私)そのようです。

 

いろいろと調べてみましたが、、、

インスリンに応答してグルコースを取り込むGLUT-4という分子が、グルコースを取り込む際にカリウムも血中から細胞内に取り込む働きがあるところまでは分かりましたが、詳しい作用機構についてはそれ以上わかりませんでした。

参考までに急性期病棟看護師さんの報告にGI療法についての記載がありました。

その後、腎臓の薬を変更され、カリメート散を真面目に飲んだ母のカリウム値は5台に下がったのでした。

 

 

 

 

 

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です