昆布のうまみ成分の放出を抑えるラミクタール(ラモトリギン)

先日、食欲が出なくなり、外出困難になった患者様Aさん(50代、女性)に在宅を頼まれました。Aさんは往診で新しいお薬ラミクタール(ラモトリギン)が処方されました。

(私)新しいお薬が追加されました。

(Aさん)どういうお薬ですか?

(私)気分の変動を落ち着かせるお薬です。脳で興奮を引き起こすグルタミン酸の放出を抑えます。

(Aさん)グルタミン酸って化学調味料の?

(私)昆布のうまみ成分であるグルタミン酸です。日本人の池田菊苗が見つけたことで有名ですよね。グルタミン酸はアミノ酸をつくる重要な栄養成分であると同時に重要な脳の興奮性神経伝達物質なのです。このお薬は脳でグルタミン酸の放出を抑えることにより、神経の余計な興奮を抑える働きをします。

(Aさん)グルタミン酸を出さないようにする薬なのですね。しかし、うまみ成分が興奮物質とはおもしろいですね。では、昆布を食べ過ぎたり化学調味料を使いすぎると興奮しやすくなるのですか?一時期、中華料理店症候群といって、グルタミン酸を食べ過ぎると頭痛がするなど問題になったことがありましたが。

(私)中華料理店症候群は、現在では否定されています。そもそも食事から摂取したグルタミン酸は脳には入りません。脳に入るには、血液脳関門という関所のようなものがあるのですが、グルタミン酸は脳への出入りを許可されていないのです。ですから、食事からいくら摂取しても脳にはいかないとされています。脳で使われるグルタミン酸は脳でつくられるのです。例えば脳の関所(血液脳関門)を通ることのできるグルタミンから生成されたりします(引用文献)。

(Aさん)食事からとったグルタミン酸が脳で使われることはないのですね。新しい薬を飲むときは、不安で少し怖いのですが、薬のことがわかると安心してのむことができます。

上記の記載は経験に基づくもので患者様は架空の人物です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です