フランスでアリセプトが保険から外れました

アリセプト(ドネペジル塩酸塩)を飲まれている患者様のご家族から質問がありました。

(患者様)アルツハイマー型認知症薬アリセプトがフランスで保険適用から外れたと聞きました。有用性が不十分とのことでした。日本ではどのようにアリセプトが評価されて保険適用になっているのでしょうか。

(私)日本の添付文書によればアリセプトの薬効はアルツハイマー型認知症状の改善ではなく進行抑制とされています。承認審査の際の報告書によると、アリセプト服用中止後の認知機能は非服用時と同程度までに急速に悪化することから、本薬はあくまでも対症療法であるとされています。日本では服用しないで半年経過した場合と半年間服用した場合では認知症状に差があったということで平成11年に承認され保険適用になりました。

(患者様)なるほど。飲んだらすぐ効くのではなく、1年くらいたたないとわからない。でも飲まないと悪化する。そういうお薬なのですね。

(私)おっしゃるとおりです。フランスがアリセプトをどのように評価しているのか、また保険制度がどうなっているのか継続して調べてみますね。

 

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です