ヒエ、アワ、キビは高級食材?

健康志向が高まりヒエ、アワ、キビといった雑穀が注目されている。雑穀といえば岩手県。

自然環境にめぐまれず、冷夏で米の実りも悪く飢餓者が多く出る年もあった。あるところでは口減らしで60才になる老人を捨てた。しかし一方、石川啄木、宮沢賢治といった偉人を輩出。岩手の南部藩は水戸藩主徳川家斉3女明子姫が輿入れしたという家柄。しかし、明治時代、朝廷側は奥羽越列藩同盟(反維新政府同盟)に入ったことを黙殺できず盛岡のお城不来方城を跡かたもなく破壊した。この様子を腹立たしく胸に刻み目の当たりにした子供がいた。のちに首相になった平民宰相、原敬である。

現在は、ホテルのシェフが畑を視察するほど需要のある岩手が育んだ雑穀。いったい誰がヒエ、アワ、キビが高級食材になると想像しただろうか?さすがにおいしさといえばお米が一番だが雑穀はお腹にたまる。雑穀は生活習慣病の改善に一番である。

参考文献:愛の記憶 西山道子

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です