【かかりつけ薬剤師】一筋縄ではいかない服薬指導

私はAさん(80代、男性、独居)のかかりつけ薬剤師です。Aさんは通院ができるので在宅ではありません。残薬がありすぎて困っているということで、私が2週間に一度訪問してお薬カレンダーへのセットを行うことになりました(ヘルパーさんや訪問看護師さんは入ってません。)。約2週分のお薬をカレンダーに入れるのでポケットには以下のように2~3袋入っています。

患者様
 お薬カレンダーは私には使いにくい。1ポケットに2袋あると混乱するし、大きすぎる。
(ヘルパーさんやご家族の方が薬を渡してくれるわけではないので、確かに独居の方には難しいかも。。)では、コンパクトにファイルに貼り付たこれ(以下)を使いましょう。空は隣の箱に入れといてくださいね。

ファイルにセロテープで用法ごとに貼り付けます。飲むときは一つずつはがしていきます。そして空は別の箱に入れます。しばらくこれを使っていただくことにしました。

お薬カレンダーにセットして「はい、おしまい。」ではなく、患者様の状況をよく聞いて患者様一人一人に合わせた対応が必要と思いました。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

 

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です