かかりつけ薬剤師の戸惑い

私は、Bさん(80代、男性、独居)のかかりつけ薬剤師。Bさんは、来月基幹病院で手術予定。Bさんは眼と耳がお悪く、手もしびれていて服薬もつらそう。最近、処方も変わり、手術前に中止する抗血栓剤もあることから、主治医から薬剤師に手術前の薬の管理を依頼されている。

ある日曜日、24時間対応のスマホが鳴る。Bさんから。無言。

また鳴る。無言。また鳴る。無言。私から電話する。無言。

不安になり月曜日に訪問する。

玄関の鍵が開いている。入っていいのか?

とりあえず玄関から大声で

Bさーん

反応なし

(そうだ、Bさんはお耳が遠いんだ。ここから声をかけても聞こえていないかも。)

もし途中でご家族が入ってきても事情が説明できるよう身分証明書(名刺)を携帯しているのを確認してから家の中に上がってみる。

Bさん
えっ?どうしたの?

電話?ああ、あれね。携帯変えて触ってたらつい押しちゃったみたい。

・・・・・

在宅の場合、ケアマネがいるので連絡が取れなくても対応が可能である(鍵の場所がわかっている場合もある)。しかし、かかりつけ患者様の場合、今回は患者様のことが心配で家に来たものの、呼び鈴を押しても出ない時の対応が難しい。とりあえず、名刺の携帯の重要性を認識した。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です