【リブレ】薬剤師が血糖測定器リブレ使ってみました

高度管理医療機器販売業の許可がおりたので、血糖測定器Free styleリブレを扱い始めました。

リブレは14日間腕にセンサー(写真左)を装着していつでもリーダー(写真右)で血糖測定ができるものです。リブレはスペイン語で「自由」の意味。製品の語源は不明ですが、指先穿刺を必要とせず自由に測定できるという意味でしょうか?医師の処方により病院においてインスリン患者様に保険が適応されます。当薬局で購入の場合自費になります。

実際に薬剤師が使ってみました。まず製造元のアボット様に使用上の注意を確認したところ、①装着したままお風呂、プール(水深1メートルで30分まで)、サウナに入っても大丈夫です。②MRI,CT測定のときは外してくださいとのこと。

白衣の上からも測れます。

実際使ってみると、24時間測定できるので、自分がどれくらい食べた時にどれくらい血糖が上がるか、インスリンがどれくらいの時間がたってから分泌されるか、自分がドカ食いをしたときと腹八分目のときと血糖上昇がどう違うかなどがわかります。高校の教科書を参考にしながら測定しました。

私の場合、食後におせんべいなどをドカ食いすると血糖が急上昇(150超え!)することがわかり、まさに血糖スパイクが起きてました。食事に温野菜のスープやお麩のお味噌汁を意識してとるようにしたところ、血糖の急上昇が改善されました。

血糖は、血圧と違って病院でしか測定出来ないと思っていました。しかし、今では一般の人でもリブレで簡単に測定することができます。将来はスマホで測れるといいなあ。

参考:

【リブレ】47歳医師が自ら24時間血糖測定をやってみた、涙の14日間全記録【その2・実測編】

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です