MRIってなに?-その1-

どうやって病気って確定するの?-鑑別診断ーの続き

Aさん
先日、脳のMRIの検査を受けたんだけど、MRIってレントゲンとは違うの?
MRIとは、磁気共鳴画像と言って、X線を使うレントゲンや超音波とは違って磁気を使って体の中をみるものです。
Aさん
なんで磁気を使うと体の中が見えるの?
私たちの体は水分でできています。その水分の中の水素の陽子は、上のコマのようにくるくる回っています。回転すると磁場をつくって自ら磁石のようにふるまうようになります。MRIは体の中のこの小さな磁石の密度をみているのです。
Aさん
ふーん。MRIってこのくるくる回る小さな磁石がカギなんですね。

つづく

(参考)

磁場、磁場と言っても目に見えないので、磁石の上に砂鉄をのせて磁場(磁力線)をつくってみた。

 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です