ごんげんの網にかかったご神体ー吾妻神社ー

上:吾妻神社

下:今週末のお祭り[お馬流し」の神輿。

在宅に行くときに通る吾妻神社。

夏祭りや縁日という派手さはないのですが

地元では「ごんげん(權げん)様」と呼ばれています。

その昔、ごんげんさんという人が漁に出た時、「お吾妻さま」という神様のご神体が網にかかったことからその屋号がついたそうです。

子どもの好きな「お吾妻さま」が、あるとき焚火を囲む子供たちを見て、子供の姿に化身して仲間に加わろうとしたところ、見かけない子供だったので焚火の中に突き転がされてしまいます。あまりの熱さに「お吾妻さま」は海に飛び込み、本牧の浜に流れ着き、漁師のごんげんさんの網にかかり祀られたといいます(出典はこちら)。

半農半漁の村だった本牧。てっきり漁師さんの安全を願う神社かと思ったらこんな由来があったとは!

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です